Top

言葉 ノ先ニアルモノヲ 探シテ    「そらまめ」文担当
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
iro-Iro
カテゴリ
全体
そらまめ
book・music・cinema
shop
delicious
travel
camera・photo
sei-saku
未分類
以前の記事
2016年 04月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
オハリコ・デイズ
薄れかけた記憶はボクのタ...
Les F&egrave...
欅荘315号室
milky days
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧
<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ロシアケーキ
只今、高崎高島屋にて、京都物産展が開催されていて
そこで『村上開新堂』のロシアケーキを買ってきてもらいました

12個入り、2400円。。。
高っ!(笑)

名称はロシアケーキですが、つまりクッキー
甘さ控えめ、ちょっとレトロな感じがいいです

たまにこんな贅沢はありかな・・・

a0169656_2123880.jpg

[PR]
by solamame-mk | 2011-10-22 21:23 | delicious
記憶
記憶の頁をめくる。
それは、結んだ濃い紫色のリボンをほどくような心地。
深紅のリボンをあしらわれた贈り物をほどくそれとは全く異質の、
空虚と水面をたゆたう悲しみを含んだ行為。


以前、「初夏の追悼」という文章をここに書いた

とうとう、何かこう決定的になったことで諦めがついたと言おうか
   
二年近く懇意にしていた美容室の電話が突然繋がらなくなった
今年の六月の初め頃
最後に訪れたのは四月の半ばで、「また出産前に来ますね」と帰り際に言って別れた
   
私より少し年上のオーナーの男性が一人でやってる洒落た美容室で、
すこしひっそりしている店の佇まいと、彼の丁寧な物言いが心地よい場所
好い美容師さんというのは、なかなか巡り会わないもので
一生切って欲しい美容師さんだと思っていた
産まれてくる子供といつか一緒に来たいなあとも

気になってお店に行ってみたが
店内は電気が点かないまま、ついさっきまで営業していました、という体で
彼がいつも着ていたジャケットまで店内にかかっているのが外から見えて

近所の花屋さんに尋ねて、突然亡くなったらしいことを知った
詳しいことは何も分からず
震災でたくさんの人が亡くなったけれど、
身近な人が、突然亡くなることは何よりショックだった
ご家族が原発の影響で彼を頼ってこっちに来ていて、
同じ、実家が福島県民としては震災後に訪れた時、色々と話をした

どうしても信じられなかった
信じたくなかったというのが、本当のところだった
娘が産まれて、日々が慌ただしく過ぎていって、でもふと思い出す瞬間がある

それからも時折見ていたHPがとうとう消されていた
ブログなどをやっていたわけじゃなかったから、
全然更新はされていなかったのだけど
ああ、本当に、本当にそうなんだなって
繋がらなくなったリンクを暫く無言で眺めた

まさかあれが最後になるなんて

でも、みんな人の死ってそういうものなのだろう
あれで最後なんて、と思うのだろう

今も私の中では、あの店に電気は点いている
記憶のままに、冬はアラジンのストーブに火が灯り
夏は「暑いですね」と彼が穏やかに微笑む
ただ、私が訪れないだけ

私はまだ、どうしても信じられずにいる』
[PR]
by solamame-mk | 2011-10-07 16:32