Top

言葉 ノ先ニアルモノヲ 探シテ    「そらまめ」文担当
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
iro-Iro
カテゴリ
全体
そらまめ
book・music・cinema
shop
delicious
travel
camera・photo
sei-saku
未分類
以前の記事
2016年 04月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
オハリコ・デイズ
薄れかけた記憶はボクのタ...
Les F&egrave...
欅荘315号室
milky days
その他のジャンル
ブログパーツ
画像一覧
幼子の長い睫に雪が降る
白いクリスタルは、そのまま澄んだ雫となり
まばたきのままに白い頬に落ちた
それをぬぐう私の指
午后二時
粉雪は、はらはら舞い続けている
[PR]
# by solamame-mk | 2015-01-30 14:00
2015年
a0169656_2205442.jpg


雪のやんだ夜半
静かなキッチンで小豆を煮る
外の音は白い綿に吸い込まれ、
行き交う車の気配もない

翌朝、雪化粧している水盤を
窓越しに眺めながら、温めた小豆をカップに注ぐ
良い年になりますように


明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします


















[PR]
# by solamame-mk | 2015-01-05 22:00
years
障子を開けると、いつの間に降り出したのか
綿雪がひらりはらりと舞っていた
白いタイルの上に落ちては同化する
静まり返る夜半
幼子たちの立てる寝息を聞きながら本の頁をめくる

今年も終わろうとしている
過ぎる時間を慈しみながら暮らしていきたい
豊かな孤独とともに
どんな気持ちも、いずれは一所に収斂されていくのだから

光あれ
雑多なことも、生きる糧となる
それを学んだ1年だった

皆様、どうか良い新年を















[PR]
# by solamame-mk | 2014-12-31 18:32
piece xmas
クリスマス前夜
部屋は杉の香りに満ちて冬の針葉樹林にいる気分になる
完成したリースをすべて部屋の外に運び出し、冷えた部屋に思い切り暖房を入れる
ゆっくりと温度が上がって、片付けも済ませると、もう日付が変わろうとしていた
熱いシャワーを浴びて、清々しい空間に戻ってくる
体は疲れているけれど、頭は冴えていた
テーブルの上の時計を見て私は電話を手に取った
23時55分。3回のコール
「はい、羊屋です」
聞きなれた声が聞こえて私はほっとする
「こんばんは。配達お願いできますか」
「はい、こんばんは。紅さん、今日も遅くまで仕事ですか、」
「ええ、さきほど終わりました」
「お疲れ様です、大丈夫ですよ、0時半頃になりますが」
「お願いします」
「何になさいます、」
「今日のお勧めはなんですか、」
「蜂蜜生姜のミルクです」
「あ、ではそれをお願いします」
「はい、では後ほど伺いますので」
電話を切ってベッドに横になる
部屋はすっかり快適な室温になり、私はルームシューズを脱いで
開けたままのカーテン越しに漆黒の夜を見た

ホットミルク専門店「羊屋」は、近所にある変わった店で夜間しか営業していない
しかも、店は閉店したあと、部屋で寝る前のホットミルクを味わいたい客の為に
配達をしていた
店主は私より少し年上の、穏やかな人だった

明日の納品の確認を済ませ、読みかけの本を手にした時玄関のベルが鳴った
0時35分
私は大きな白いストールを羽織ってドアを開ける
「こんばんは」
トートバッグを持った店主が立っていた。
ミルクティー色の琺瑯のポットがフエルトのポットカバーをかけられて
入っているはずだ
「こんばんは。冷えますね」
「ええ、本当に。…良い香りですね」
「ああ、杉です。清々しいでしょう、夜更けですけど」
「確かに、とても心地よいですね」
一瞬の沈黙
私は口を開こうとして、黙る
また沈黙
ほのかに甘い香りが彼の持つバッグから流れてくる
彼は笑顔でバッグを差し出した
「明日はクリスマスですね、あ、もう今日ですか」
「そう、クリスマスリースの仕事も今日で終わりです」
「お正月はまた忙しいのでしょう、」
「ええ、それなりに」
私はもごもご答えながらバッグを受け取り、ちょっと下を向く
「待っててください」
部屋に戻ってバッグをテーブルに置く
そして玄関に戻る途中、すでにラッピングを済ませたリースの箱を一つ手にした
「どうぞ」
「え、」
戸惑うように店主は私を見る
「今年はこれを飾ってください、良ければ」
「・・・いいの、」
「もちろんです」
「ありがとう」
彼は丁寧に箱を受け取ると、何か言おうとして、しかし黙った
また沈黙
「あの、」
「はい」
「ホットミルク、飲みません、」
「・・・・・・」
「まだ配達ありますか」
「いや、紅さんが最後です」
「おっしゃるじゃないですか、ホットミルクは自分で作るより
誰かに作ってもらったほうが美味しいこともあるって」
彼が微笑んだ
「・・・そう、そのほうが美味しいことがある。・・・たいていは
そういうものです」
「だから、私がたまには作ります」
彼は私の顔をじっと見る
私はうつむいて彼の言葉を待つ
「今日は特別な日だね」
「・・・クリスマスですから」
「違うよ、君が主で僕がお客になった日」
顔を上げると、笑っている彼の顔
私もやっと微笑んだ

12月24日 今日はクリスマスイブだ
[PR]
# by solamame-mk | 2014-12-24 02:01
冬の日
今年の春
桜を見に行って、拾ったアスファルトの上の花びらを
そっと手帳の先の頁に挟んだ

そして、いつの間に季節は巡り、明日の予定をとめくった頁に
色褪せた花びらを見つける

ここまで来た
もうすっかり寒く、コートを引っ張り出し
お湯を沸かして、温かい珈琲を淹れることも増えた
チョコレートもおいしい
音楽にも触れている

人は強いのか弱いのか、よく分からない
自分のこともよく分からない
でも、笑いかけてくる無邪気な笑顔に私は
ちゃんと笑顔で応える
ツクリモノではない、心のある表情で
桜のあの日からは想像できなかった今が
ここにある

そして、あの日々もまた今につながっているはずなのに
くっきりと切り離されて、確かにまだ私の中に
存在し続けている

a0169656_18223277.jpg

















寒くなりました
クリスマス、お正月までカウントダウン
一年は本当に早いものです

[PR]
# by solamame-mk | 2014-12-22 18:25