Top

言葉 ノ先ニアルモノヲ 探シテ    「そらまめ」文担当
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
戴きもの、はじまりのはなし(前編)
a0169656_10305251.jpg
















素敵な戴きものです。

吉祥寺のGclef

「ジンジャープリザーブ with ウィスキー」

先日の~個展お疲れ様でした打ち上げ~で ユニット『そらまめ』の装幀・挿画担当からお土産として戴きました。
紅茶に入れたり、そのまま食べたり・・・ジャムとゼリーの中間のような食感です。
ジンジャーがきちんと効いていて、色も綺麗です。

a0169656_22253830.jpg




さて

いきなり、打ち上げのお話でしたが。
そもそもの創作と、個展への流れを書いておきたいと思います。
(多分最初だけで、今後このブログは私の日々のことになります・・・おそらく)

今回の個展で形になった「LosT wiNTer」は、
2007年の終わりから2008年の初めにかけて書いたものでした。
その頃、仕事の帰りに図書館によく立ち寄っていた私は、図書館の近くに少し洒落たアパートが建っているのを見つけました。図書館の庭から冬の枝越しに建物を見ては、こんな場所に住めたらいいなあ、と夢想。
同じ頃出逢った大好きなアーティストの曲が、どうもその景色に馴染んでしまい、この感じを忘れないように留めておきたいと、短編小説のように書いたものが、

「room1」

の原形でした。
最初はこの1つだけ。ただ「古いアパートメント」に住む主人公だったので、このアパートにほかの誰かも住んでいるような気がしてきて・・・・。
1人増え、2人増え。
直接関わることはないけれど、1つの建物を接点に、1人暮らしをする人々がすれ違ったり時をずらして同じ景色を眺めたり・・・・。
気が付いたら、「古いアパートメント」は生きたものとして、私の中でしっかり根付いていました。



続く。


手紙は、本をつくるきっかけをくれた友人Mから。
「M」の印がなんだか綺麗で。
[PR]
# by solamame-mk | 2010-02-03 21:16 | そらまめ
「そらまめ」HPへの支度
銀羊舎発行
ユニット「そらまめ」による手のひらサイズの本

第一弾は、「LosT wiNTer」
2009年11月に、竹ノ塚のカフェ「soYo」さんにて展示を行いました。

これから、少しずつ更新していきます。a0169656_1034662.jpg
[PR]
# by solamame-mk | 2010-01-31 10:05 | そらまめ